文京区で働く税理士の友人が仕事で悩んでいるらしい

大学を卒業してからシステムエンジニアとして働き続けていますが、先日久しぶりに高校の同窓会に参加しました。
そこに文京区で働く税理士の友人が参加しており、お互いに近況報告をしようと思っていたところ、その友人が思い悩んだ様子で色んな人に相談を持ち掛けています。
自分もその中に加わってみると、仕事のことで悩んでいるようでした。
自分も仕事のことで悩みがありますが、税理士ならではの悩みがあり、色々とびっくりしました。

独立開業して資金繰りが大変になっている

友人が真っ先に挙げた悩みは資金繰りについてです。
税理士の資格を取得し、都内の別の税理士事務所で働いていたそうですが、先日独立開業を果たしたそうです。
文京区といえば土地の値段がそれなりに高いエリアであり、その中でも駅の近くに事務所を設けたがためにテナント料がそれなりにかかり、固定費だけで結構かかるとか。
しかも、それまでいた事務所とはいわば喧嘩別れのように出ていくことになったため、顧客の引継ぎなども満足に出来ない中、独立開業をしたとのことです。

結果的に一から開拓をしていかなくてはならず、最近流行のクラウドソーシングで個人向けの細かな仕事をして生計を立てているようですが、法人相手の仕事はまだ数える程しかなく大変だと語っていました。
私はコードをどのように書こうか、そんなことを悩んでおり、友人の悩みに比べるとどれだけ小さいかを痛感し、彼に有効なアドバイスなんか1つも出来ないのではないかと嘆くしかありません。

新しい顧問先を獲得する流れの「設計」が必要

彼が一番悩んでいたのはどのように新しい顧問先を獲得するかということでした。
顧問先を獲得しておけば経営はとても楽になるそうです。
ただ、どのように獲得すればいいものかが分からず、経験もそんなにあるわけではないので悩んでいます。
私はシステムエンジニアの立場から何事も設計が必要であると伝えました。
コードを書いてうまく動けば何でもいいということではなく、誰が見てもすぐに理解できるコードでなければ意味がありません。

要するに誰が見ても、そのやり方ならいずれ顧問先は獲得できると思われるようなことをしていくべきだと彼に伝えました。
設計が必要だと言っても彼は怪訝そうな顔をしていましたが、その説明を行っていくとちゃんと理解してくれ、具体的なアドバイスを求めてきたのでそこに関してはよく分からないと答え、その場で笑いが起きたのをよく覚えています。
文京区で頑張るというのは大変かもしれませんが、彼ならばなんとかしそうな気がします。

デジタル遺品を処理できるプログラムを組みたい!

情報技術関係の仕事をしている身としては、デジタル遺品の扱いというのはかなり気になるものです。
見られて困るようなものがあるかというと、そこまで多いわけではありませんが、それでも個人的なものをたとえそれが家族であったとしても見られたくないものです。
また、見られても構わないようなものであっても、残された人たちが処分に困ってしまうようであれば迷惑をかけてしまう事になるので、処理は自分の死後も自分の意志で行えるようにしたいと考えました。

自分だったら残したくない!

最近はデジタル遺品という言葉を耳にするようになりましたが、これは前々から今の時代に問題となる部分だと考えていました。
IT関係の仕事をしている人や昔からデジタルガジェットが好きな人は、自分の死後に残されたデータはどうなってしまうのかと一度は考えたことがあるものです。
それが近年になって一般人でも膨大な量の情報を持つようになったことから、問題が表面化してきたわけですが、この問題に対して自分はやはりデジタル遺品は残したくないと感じます。
見られたくないものもありますし、それを抜きにしても個人的なものを誰かに見られるのはあまり気分のいいものではありません。
誤解を招くようなものが残ってしまって家族に余計な心労をかけてしまうことになりますし、そうでなくてもどのようにして処理をすれば良いのか悩ましいものですから、そうならないように自分が死んだときには、一切のデジタル遺品が残らないような仕組みを作っておきたいところです。

勝手に消えるプログラムがあればいい!

自分が死んだときには個人情報が入った端末を物理的に破壊する装置があればいいという冗談は、ITに関係のある人精通している人であれば誰もが言ったり聞いたりしたことがあるでしょうが、実際にプログラムとして消したいものだけを消すことができれば良いのにと思うことはあります。
残したいもの残しても良いものだけをしっかりわけて、処理したいものだけ消すことができれば、残された人たちからしてもすべてが消えてしまうわけではありませんし、消えたものの存在は知らなくて済むわけですから精神的なしこりが生まれることもありません。
問題どのようにして必要なものと不要なものを分けるのか、自分が死んだ時にどうやってそのプログラムを起動するのかということになります。
処理にかかる時間もありますから、あまりに時間がかかるようでは困りますし、課題は山積みだったりします。
しかし、課題は多いものの今の時代に求められるプログラムではないかなという思いもあります。


豊胸手術のシュミレーションを画面上で出来ないか?

胸のサイズが気になり自分に自信を持てない人は少なくないと言われています。
身体的な悩みは解決が難しいことが多いので、さまざまな方法を検討する人もいるでしょう。
自分のサイズが気になる人が注目するのが豊胸かもしれません。
悩みを持っていても術後のイメージができず、二の足を踏む人もいるでしょう。
具体的に手術したあとのイメージがしやすいサービスがあると判断材料になります。
画面で簡単にシュミレーションできるといいです。

実際に切る前に確認したい

自分の身体に自信がなく専門家に相談することを検討する人もいますが、勇気が出せずに一人で抱えることが少なくないです。
悩みを相談するのが恥ずかしく、どの程度変化するか聞くのも難しいことが珍しくないので、本格的な手術になる前に変化をチェックできるシステムがあると判断がスムースにできます。
実際に手術しないとイメージしていた形になるかわからないなら、決断が難しくなるでしょう。
身体にメスを入れる前に術後のイメージできると、今後のプランを変更できます。
胸の悩みはサイズだけでないことが多いので、形も理想的なものになるか気になることが少なくないです。
形が少し変わるだけでも印象が大きく変わるため、イメージ図を使いながら専門家に相談した方が理想の胸に近づけるでしょう。
悩んでいた場所だからこそ、仕上がりにも力を入れたい人が多いです。
理想の自分になるためには、適切な判断をするための情報が必要になることが珍しくありません。

一般人でも使えればなお良い

悩みを相手に相談するのは難しいことが珍しくないため、最初は自分だけで情報をチェックしたい人が少なくないです。
手術後の形をイメージするために専門機関を訪れるのはハードルが高いので、個人でも気軽に利用できるサービスがあるといいかもしれません。
専門家しか使えないシステムだと、悩みを持った人が理想の形を気軽に追求できないです。
一般人でもイメージしやすいシステムなら、豊胸を行うかの判断材料になるかもしれません。
画面から簡単に操作できるタイプなら、専門知識を持っていない利用者でも助かります。
直感的に扱えるシステムを作れば、さまざまな悩み解決をサポートできるかもしれません。
身体の悩みを持っている人は少なくないので、自分に自信がない利用者向けの手術後の予想サービスがあるといいでしょう。
相談者の体型や希望にあわせて細かい調整ができるものがあれば、悩み解決につながります。
いろいろな層が利用することを想定して操作性を重視したものがいいです。


「浮上油回収装置」と初対峙

システムエンジニアとして働いていると様々な経験をしますが、浮上油回収装置と対峙したシステムエンジニアは珍しいです。
浮上油回収装置を知ることがシステムエンジニアの将来に役に立つのかは未知数ではあるものの、社会人としてはすべてが経験となります。
自分のよく知らない世界を体験することでクリエイティブな部分が刺激されることはあります。
システムエンジニアは面白い製品に出会うことも多いです。
よく知らない製品を知ることで知識が深まり成長できることは多々あります。

友人から「浮上油回収装置が壊れたから助けて」と電話

浮上油回収装置が壊れたから助けてと友人から電話があったことが浮上油回収装置を知るきっかけです。
工作機械に使う加工液を再利用するときに問題になるのが浮上油で、浮上油が回収されていないと悪臭の原因にもなります。
浮上油を回収すれば環境の改善にもつながります。
友人の会社では浮上油回収装置を使っていますが、その装置が壊れて困り果て電話がかかってきたわけです。
浮上油回収装置は安定して稼動しコストが安いため、導入している会社は多いです。
友人の会社で使っている浮上油回収装置は、高性能でメンテナンスが簡単な製品として知られています。
浮上油回収装置がどのようなものか知らないと助けることはできないですが、友人が困っているのでまずは会って話を聞くことにしました。
問題の浮上油回収装置は国内の産業機器メーカーが製造している装置です。
工作機械からの浮上油を効果的に分離槽へ移送できます。
分離槽に移送された後は浮上油だけが回収されます。

システムエンジニアだけど全ての機械を扱えるわけではない!

友人に会いに行くと大切な装置が壊れてしまったため、青ざめた顔をしています。
装置を見せてもらいましたが、なかなか興味深いシステムを持つ製品です。
装置は2ヶ月から3ヶ月に1度クリーニングをします。
これまで何も問題がなく稼動していたのに突然動きが鈍くなったというので、メンテナンスについて聞いてみました。
友人によるとメンテナンスは万全とはいえず、それが装置のトラブルにつながっていると推測されます。
喫茶店でコーヒーを飲みながらシステムエンジニアといっても全ての機械を扱えるわけではないと説明しました。
システムエンジニアについて表面的なことだけしか知らない人の中には、どのような製品のトラブルでも解決できると勘違いする人がいます。
友人もシステムエンジニアなら何とかなるのではないかと電話をかけてきたわけです。
修理やメンテナンスは製造会社の担当者に任せるのが一番だと話すと納得していました。
数日後に友人から電話があり、トラブルは無事解決したというので安心しました。

水漏れ修理とバグ修正の共通点

システム開発をしていると、必ず遭遇するのがバグでありそれを修正していくことにかなりの神経を使います。
バグがある状態で納品すれば大変なことになるからです。
バグ修正ではどの状況で発生しているのかを考慮して対策を考えていきますが、そこでふと思い出したのが以前自宅で発生した水漏れについてです。
どこで漏れ出ているかを状況を見て瞬時に判断し、修理をしていく様子はまるでプログラマーがバグを修正していくかのようでした。

以前使った水道業者と街でばったりあって雑談

ある日、以前水漏れ修理でお世話になった水道業者の方と街でばったりお会いしました。
その後の調子はどうですかと尋ねられ、何もなく順調ですという話をしていたところ、お互いの仕事の話になりました。
先日バグの修正でかなりの時間を取られたという話をしていると相手の水道業者の方が興味を持ったようで色々聞き出そうとしてきます。
どのように修正をしていくのかを聞かれ、シンプルなコードにして変更した部分をわかりやすくすることを心がけていると返すと相手の人はかなり共感されていたのが印象的です。
水道修理の方は数多くの水漏れ案件を見てきたそうですが、自分たちで解決しようとしてめちゃくちゃな方法で水を止めたけど結局は耐えきれなくて修理依頼をしてきたケースなどがあってそうしたケースは大変だったという話をしていただきました。
修理バグ対策のコードも作った本人ですらわからなくなることがあります。
そのため、わかりやすいコードにして自分が見てもすぐに理解できるようにしました。

水道修理とバグ修正は似ているかも…!

これら一連の話を聞いていると水道修理とバグ修正は案外似ているのではないかと感じました。
シンプルなやり方が一番いいというのもそうですが、うまい方の作業を見て技を盗んでいく点でも共通しています。
システムが動くのであればめちゃくちゃなコードでいいわけではありません。
そうしたものがバグにつながってしまうからです。
水道修理でも、水漏れを止めれば何をしてもいいのではなく水漏れなんかなかったように修理をすることが求められます。
さらに重要なのは、どのような形で修理をしたのかを誰が見ても明らかな状態にすることです。
プログラムの際にはドキュメントを残すことで変更がしやすくなります。
水道修理でも、前にもあった場合にはこういうやり方で水漏れを止めたというのがわかるようにしておけば対策が立てやすくなります。
何事もシンプルに作業を進めていくことが大事であり、ただ動かせばいいただ止めればいいという感覚ではいけないことに改めて気付かされました。

ベビーシッターは自分には出来ない…

東京での仕事には慣れてきたものの、仕事以外では慣れないことが続いています。
SEとして働くだけなら、言われたことを言われたとおりにこなせば済むケースも多いですが、プライベートではそうもいきません。
たとえば、近くに住んでいる親戚から用事を頼まれることが多々あります。
パソコンの操作などのSEと関連した頼み事なら簡単に対応できるのですが、パソコン以外の頼み事となると厄介です。
仕事でもプライベートでも、スキルアップを図りたいものです。

親戚の子供を預かることに…

親戚から頼まれることは何度もありましたが、もっとも厄介だと感じたのは子供の世話を頼まれたときでした。
SEとしての勤務経験は増えていて、仕事では十分なスキルが身についていますが、子どもを育てるスキルは足りていません。
子供と一緒にいるときに、何をすればよいのかも分かりにくかったです。
仕事なら上司の指示を聞いて作業を進めていけばよいわけですが、小さな子供を満足させるのに上司の指示は役立ちません。
また、子供を世話するときには親戚が近くにいないので、相談することもできないのです。
学生時代のアルバイトを思い出しても、ベビーシッターの経験は全くありません。
サークルなどでも子供と接することはなかったので、ベビーシッターが何をする仕事なのかも分かりにくいです。
とはいえ、預かることになってしまった以上、責任を持って対応しなければなりません。
後で親戚に怒られてしまうことがないように、いろいろと工夫を凝らしました。

子供のパワーに圧倒された一日でした

子供というのは大人が想像している以上のパワーがあり、体は小さいのに素早く動き回っていました。
ずっと走り回っても、ほとんど疲れていないように見えるのが不思議です。
子供と追いかけっこをしたところ、自分だけが疲れ切ってしまいました。
とにかく子供のパワーが凄まじいことを痛感させられる一日になったのです。
自分は体力に自信がないので、最初から最後まで全力で相手をするのは難しいと思いました。
そこで、自分はなるべく体力を使わないように工夫してみたのです。
子供が走っていても、その後を追いかけたりはしません。
また、室内で過ごす時間を長めに確保したのも工夫の一環でした。
子供はパワフルなので外に行きたいと思っていたようですが、室内でも楽しく過ごしてくれて安心です。
ただ、室内にいても子供のパワーは圧倒的でした。
カードゲームでもテレビゲームでも、大きな声を出して楽しんでいたのが印象的です。
喜んでもらえたことに安心しています。

同僚に前回利用した水道修理業者を紹介した

自分に何か得があるというわけではなくても、困っている人がいた時には助けてあげようという気持ちになるのが人間だったりします。
同僚トイレの水漏れで困っていたようだったので、前回自分が利用した修理業者を紹介することにしました。
もちろん、どこを利用しても大差ないのかもしれませんが、実際に自分が利用してみて感じが良かったのでどうせ依頼をするのであれば、安心して依頼ができる相手をということで教えてみたのです。

珍しく遅刻してきた同僚。理由はトイレの水漏れだと

同僚は今まで遅刻をしたことはなく、遅くなるにしても当日ということはなく前日には連絡を入れておくというタイプでした。
つまり、その日になっていきなり遅刻をしてしまうということはなく、事前にわかりきっていた時以外は遅れることはなかったのです。
それが突然遅刻をするという連絡があって、珍しいと思っていたらどうやらトイレの水漏れが出掛けにわかって対処に手間取ったということでした。
水道水漏れのトラブルというのは放っておいたら大変なことになりかねませんからこればかりは無視をするわけにはいきませんが、普段なかなか起きないことだけに水を止めてくるだけでも時間がかかってしまったということだったのです。
一度経験をすると元栓をしめることぐらいは簡単なのですが、初めての経験でしたらたしかにどこで水をとめることができるのかわかりにくいものだと感じました。
そして、まだ修理はしていないということだったので自分が利用した修理業者を紹介して見ることにしました。

PRサイト
水道修理業者さんをお探しならこちら
水道水漏れなら【住まいる水道サポート】の他社に負けない価格で

まさか自分の水漏れ体験がこんな形で役立つとは

自分が水漏れのトラブルにあった時には、なんて最悪な事態に巻き込まれてしまったのだと感じたものですが、その経験が役に立ったとは意外でした。
どこの修理業者に依頼をしても大きな差はないかもしれませんが、実際に自分が利用をしてみようとしている時に身近な人間が試していて、安心して任せられるとなると利用しやすいものがありますから、同僚も話を聞いて助かったと言ってくれたのです。
その後、同僚は自分が勧めた修理業者に依頼をして修理をしてもらったとのことでしたが、対応もよくて満足だったというので紹介をした自分としても嬉しい限りでした。
このようなことをして自分に何か得があるわけではありませんでしたが、一緒に働いている仲間を仕事以外の部分で助けることができたと考えると良かったです。
情けは人のためならずといいますし、人助けといえるほどのものではありませんが、何かできることがあれば積極的に人の役には立ちたいところです。

四街道で金買取の見積もりを初体験

東京近郊で暮らしていると、親戚から色々用事を頼まれたりすることがあります。
先日、実家に帰った時に親戚が来ていたのですがその人から、金を売ってきてくれないかと頼まれました。
田舎に住んでいるので金買取ができる店というのは少なくて、郵送での買取も怖いということだったので自分にお願いをしたということだったのです。
それほど面倒なことではありませんし、いつもお世話になっている親戚だっただけにすぐにお願いを引き受けることにしました。

親戚に金の売却を頼まれて四街道へ

家で眠っていた貴金属類をそのままにしておくのは惜しいということで、親戚から売ってきて欲しいと頼まれたので引き受けることにしました。
最初は都内で金買取をしてくれる店を探すつもりでしたが、四街道にも評判のよい店があり距離的にも近いのでこちらを選ぶことにしたのです。
また、金というのは相場がはっきりしていますから、売る場所によって倍も値段が違うということはないでしょうから、それだったら近いほうが良いかなと思いました。
意識しないと気づかないものですが、金買取をしている店というのは結構多いようでそれだけ需要がなるのかなと感じました。
金というのはそれだけで価値があるものですし、今では様々な工業製品に使われているということなので需要はつきないのかも知れません。
自分のように人から頼まれるということもあるでしょうし、金買取という商売は意外と儲かるのかもしれないなと考えながら、四街道の金買取店に向かっていました。

店員の理論的かつ丁寧な説明に舌を巻きました!

評判の良かった金買取店に親戚から頼まれたものを持っていき、始めて見積もりをしてもらうことになったのですが、とても丁寧な対応に舌を巻きました。
査定にかかった時間自体はそれほど長くなかったので、適当にチェックをしてるんじゃないかと不安になったのですが、査定結果が出てその説明を受けた時にしっかり見ているものだなと感じました。
持ち込んだ金の重量と現在の金相場を伝えられてこれだけの価値があるということを最初に教えてくれて、更になぜ金の重量がわかるのかということを説明してくれました。
相場があるので価値は明快でここに疑問を挟む余地はありませんでしたし、計量方法についてもわかりやすく納得が行くものだったので安心して買取をしてもらうことができました。
親戚も金額は問わないと言っていましたから、説明に納得できた時点で売ることを決めたのです。
その後、頼まれた親戚に報告をして受けた説明をそのまま伝えると、親戚も満足したようで良かったです。

PRサイト
金買取は四街道にある買取センターGPで
その場で査定、高価買取!

ポール・グレアムの本を読んで、絵画教室に体験入会!

SEやPGの仕事をしていると、PGの人が書いた本を読んでどのようなことを考えているのかを知りたくなります。
先日アメリカのプログラマーの方が書いた本には、ハッカーがやっていることは美しいソフトウェアをデザインすることと書いてあり、その中でアメリカのプログラマーは絵画を例に出してハッカーと絵画の関連性が描かれています。
これは絵画を学ぶべきだということで、絵画教室に体験入会してその関連性を身をもって体感することにしました。

プログラミングと芸術は共通点がある!?

ハッカーはハッキングの過程で様々なことを学んでいきます。
プログラミングの世界も素晴らしいプログラミングを見てそれを見よう見まねでやっていき、自らの力にして能力を高めます。
芸術もそれは同じであり、人の作品を見て良い部分は吸収し、作品を作り出します。
また画家は今までの作品を残しながら成長を確認できますが、プログラミングも同じです。
初めて取り組んだ時は下手で時間もかかりました。
何回か繰り返すことでより良いものが作れた実感が湧いてきました。
絵画教室に体験入会して感じた他の共通点は、最初に大まかに書いてあとは細かく書いていくことです。
おおよそのイメージを描き、詳細な部分を書き足していくことで1つのアートとして完成します。
プログラミングもまずはざっくりとした構想を作り、柔軟に対応していくことで素晴らしいプログラミングが書けます。
絵画教室に体験入会してみて、意外と接点が多いことに気づき刺激を受けました。

「絵を描く休日」もなかなか良いものです

休日はいつも家でゴロゴロしてましたが、絵画教室に体験入会してみて集中して絵画を作ってみると作品が仕上がった時の高揚感はプログラミングと似ています。
しかもこちらは趣味で行えるものであり、PGの仕事での達成感とはまた別の高揚感が味わえることから、絵を描く休日はとてもいいことに今回気付かされました。
まだまだ絵のレベルは低く、うまい人の絵画を見るととても一般の人とは思えないような高いクオリティでびっくりです。
絵を描いていく中で気付いたのは、仕事での疲れや精神的なストレスが段々と浄化されて清々しい気持ちになったことです。
心理学では昇華と言うようですが、ストレスを芸術にぶつけてそれがきれいな作品になっていくのは素晴らしさを感じます。
仕事で嫌なことが今後あっても、それを絵画にぶつければいいじゃないかとポジティブになれる存在だと思います。
海外のPGの本を読み、貴重な経験をさせてもらい一生の趣味と出会えたかもしれない喜びでいっぱいです。

看板につられて入ったメガネ店

SEという仕事はやりがいがある一方、パソコンでの作業がメインとなり、どうしても目を酷使するのでこの頃は視力低下が気になるようになってきました。
今は視力矯正の方法は数多くありますが、できれば疲労を減らして良い状態にしておきたいです。
そこで少しでも目に良いものはないかと探し始めて、サプリメントを摂取することにしました。
しかしサプリでは今一つ効果が得られず、話題になっているPC用メガネを使ってみようかと考えています。

PC用メガネを新調

最近はブルーライトが目に悪影響を与えると分かってきて、ガードするためにPC用のメガネが販売されるようになりました。
以前から気になっていましたが、仕事の忙しさもありなかなか調べることができません。
ネットで調べればすぐに分かると思われそうですが、仕事で目を酷使した後はあまり利用したいとは思わず、気になりつつもそのままになっていました。
そんな時に出先で立体のメガネが掲げられたやけに目につく看板を見つけて、引き寄せられるように店に入ってしまいました。
想像通りメガネ専門店で、せっかくのチャンスなのでPC用メガネを新調することにして、尋ねると詳しく説明してくれてとても助かります。
ネットで調べるよりも分かりやすく有益な情報があり、最近はネットショッピングを利用することが多く、店舗を訪れるメリットを久々に実感しました。
こちらの求める内容、予算でさまざまなものを用意してくれて、丁寧に特徴を説明してくれて、良いものが購入出来て嬉しいです。

目が悪い人でも見られる看板はすごいのでは?

インパクトのある看板に引き寄せられて、結果的にはとても良い買い物ができて満足です。
それにしても店から出て、看板を見上げて改めてすごさが実感できます。
目の悪い人でも確実に目に入り、何を扱っているのかすぐに分かるシンプルさはかなり魅力的です。
看板というのは視線をくぎ付けにする、目線を集めるといった目的が必要とされて、目が悪い人でも見ることができる、内容がすぐに理解できて利用しようと行動に移すことが求められます。
そういった意味ではまさに大正解で、看板のおかげで理想的なPC用メガネを購入することができました。
これで少しは視力の悪化が落ち着いてくれると良く、仕事もなんとか片付けていきたいです。
対応してくれたスタッフさんもこちらの質問に丁寧に分かりやすく答えてくれて、納得して買えたことでとても満足感があります。
看板に引き寄せられて入ったメガネ店ですが、通販ショップでは得られない接客の良さを体験できました。